流山の雪景色   2003・12.27 

 朝、起きたら一面の銀世界でした。うれしくなって急いでカメラを持って公園に行ってきました。日が差すにつれ、木に積もった雪が解けて雨のごとく降って来るので、カメラをぬらさないように撮るのに苦労しました。

朝日が富士山だけに差していました。 雲が夕日に輝いています。
綿帽子をかぶったみたいです。 日が差すと、見ている間に解けてきます。
池の一部が凍っていませんでした。 木に積もった雪解けの雫が池に落ちた波紋
雪の花が咲いてきれいです。 私の頭の影が写っています。
日が差し込んできたところです。 サザンカの上にも積もって重そうでした。
 

ご感想などは kyoco@mx10.ttcn.ne.jp へ
copyright 2002-2012@ all reserved by kyoco

inserted by FC2 system